容姿と若さが武器の婚活

婚活市場にいる美女の考えていること

婚活における趣味、嗜好問題



初めてのお見合いで「スペックと結婚するわけじゃない。」と学んだ早川。
しかし、ある一定のスペックを備えていないと会ってさえもらえないのが婚活。






その「スペック」
皆さんはどこまで見ていますか?



早川が見ていた項目。
容姿。
年齢。
年収。
婚歴、子どもの有無。

以上。






タイトルの趣味、嗜好は一切見ませんでした。
だって、ただ趣味が合うだけの貧乏人と会っても時間の無駄ですから。
もちろん話題作りのために目は通しますが、共通の趣味で相手を選ぶということは結婚相談所でしたことはありません。






自己分析するに、この考えは婚活を本格的にスタートさせる前にディズニー好き婚活というのに参加したからだと思います。
ssst25.hatenablog.com
ssst25.hatenablog.com
ディズニー好きという共通点があっても、男性参加者のほぼ全員が関わりたくない人間だったので趣味の一致よりも最初に書いたスペックのが早川にとっては重要なのだと気付いたのです。






思い出してみたら、歴代彼氏たちも趣味が合う人が1人もいなかったです。
早川の唯一の趣味がディズニーなので、当然と言えば当然なのですが…。
しかし婚活ではない普通の出会いであれば、スペック云々よりも前に人となりから恋愛感情を抱くことが多いと思うので、そこでもあまり趣味嗜好は影響されないと思うんですよね。



楽天オーネットのCMは共通点というポイントを推して作られていますが…
世間一般では共通点って重要視されているのでしょうか?


こんなこと書いちゃったけど、次回は趣味の合わなさで勝手に冷めた話書きます。
む…矛盾!!


ランキングに参加しています!
応援していただけるととても嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ