読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

容姿と若さが武器の婚活

婚活市場にいる美女の考えていること

【笑顔でキレた話】婚活パーティーにいた人【前編】




大規模なパーティーに参加した時のお話です。
男女それぞれ40人位いたと思います。

通常は10人前後でパーティーを開催しているところに所狭しとパイプ椅子が並んでいる会場は圧巻




早川がスタッフに案内された席の前に座っていた人物が今回ご紹介する男です。





パーティーがスタートし目の前の人から回転寿司が始まります。
お互い回転寿司の時に初めて話す相手だったというのが今回のポイントです。






男のプロフィールカードは年収が空欄だったので秒速で「なし」判定





さようなら
…と貝になることを決め込みたいところですが大人だから会話はしましたよ。





写メを見せながらお弁当男子アピールしてた気がする。
取り立ててすごいお弁当でもなかったのは覚えてる。



タイムアップし男性陣は1つ隣の椅子へ移動です。






2人目とも当たり障りなく終了し、男性が移動する時に
斜め前に座っている最初に話した男が放った一言





「前の人より楽しかったから時間が早く感じたよ」







…ほ〜!!





結構なこと言ってくれるじゃないか





斜め前、距離にして1mもないところにその「前の人」とやらがいるというのに。







ま、そりゃそうだよね。
年収書かない男に好意寄せられても無駄だから、
笑顔で話は聞いてやったけど取り立てて盛り上げようとしなかったもの。






お互い「なし」判定だったんだねって爽やかに思うことにしたよ







すっげぇ腹立ったけどな。







これで終わりかと思いきや事件は二幕へ移されます。





【次回予告】

ーー約2時間をかけた大規模な回転寿司が終了し糞な発言をした男が目の前に戻ってくるーーーー


スタッフ「さぁ全員とお話したところでお次はフリータイムです、気になった方に積極的に話しかけアピールしてくださいね、では皆様ご起立ください!!
フリータイムスタートです!!


ーー糞発言をした男(以降、糞男)が笑顔で声をかけるーーーー





糞男(目の前にいるから)このまま話さない?」



ランキングに参加しております、応援してくださるととても嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ