容姿と若さが武器の婚活

婚活市場にいる美女の考えていること

【センスのない男】IBJで出会った人…その1



センスがない人。
この一言で、どのような想像をするでしょう。



洋服がなんだかちぐはぐ…
人を見る目がない…
人を喜ばす術が少しズレている…
ちびまる子ちゃんを面白いと思わない…
さくらももこが脚本の回は共感性羞恥がザワつくよね。



今回はそんな人のお話。
服のセンスがおかしいとかであれば早川がプロデュースするくらいの意気込みがあったことは先にお伝えしておきます。
自分好みに出来るし、無頓着位が丁度いいとすら思っていました。



IBJの申し込みで目に留まった彼。
(以下、センスなさ男
年齢…35歳
年収…600万円
薬剤師
婚活市場では上位の顔面



非の打ち所のないほどの「婚活で出会いたかった人材」です。
早速OKし、お見合い希望日時を返信しました。






いざお見合い。
実物は写真よりもやや可愛らしい容姿でした。
逆写真詐欺。



うーん…
この手の人は何人かお会いしたのでIBJ側が人気が出過ぎないようにと写真いじってるのではないかと疑ってしまいます。
早々に成婚退会されてしまうよりも長く月会費を払ってもらいたいでしょうし、
IBJはそれに加えお見合いをするとお見合い料というのが発生するので、
沢山お見合いに挑んでもらいたいのではないのでは…?



そう考えると、毎週末1日2件以上お見合いをこなしていた早川はIBJに大いに貢献したとして表彰されてもいいのではなかろうか。
多くの婚活男性に「こんなに美しい子が婚活してるんだ!!」という夢を与えたことも評価されて銅像の一つも作っていただきたいものです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ

婚活バー珍百景…最終回



スタッフさんよぉ〜
忙しいのは分かるけどさぁ。
みんなが真面目に婚活してる会場をウロウロしてる人を見て見ぬフリはいかんだろ。



なまじ目立つ容姿なもんで視線を集めてるし、
これは会場中の婚活を妨害していると言っても過言ではないんだぜぇ
ワイルドだろぉ〜?
…スギちゃんってまだ息してんの?



スタッフが何か言おうとするのを待たずに、貸してくれたフキンを渡し出口へ向かいました。
友達には「次の席移動のタイミングで帰ろう!」と連絡済みなので、ひとまず店の外へ。






すると、
ssst25.hatenablog.com
この記事の、顔面判定をしたスタッフが追っかけてきました。



スタッフ「すみません、なにかありましたか!?」



早川「話してた人にお酒こぼされたんで、早く帰ろうと思って。」



スタッフ「え…故意にですか?」



早川「いや、手ぇ滑らせただけです。」



スタッフ「そうでしたか…。
何かあったのかと思って心配してしまいました、連絡先などは交換されましたか?」



早川「一応…クリーニング代云々で名刺いただきました。」



スタッフ「彼は有名な企業にお勤めなので、お勧め男性として優先的にご案内させてもらったんです。
…今日、いいご縁があったら嬉しいです。
気をつけておかえりくださいね。」



早川「どうも…。」
会釈してスタッフはお店に踵を返しました。






あー…
4男が席移動の順番を無視して1人飛ばしてやってきたのはそういうことだったのかぁ。
そりゃGoogleっつったら、良い女あてがった方がいいよな。
ウイスキーぶっかけられたのがいい縁に繋がるとは到底考えられませんが。



それ以前に、ウイスキーぶっかけよりも、
Google社員という肩書きが帳消しになる
口臭という単体の威力。



エレベーターホールの椅子で友達を待って、無事に帰宅しました。
…無事っていうほど何も事が無かったわけじゃないですが、この話はまたいつか…。
嗚呼、美しいって厄介だわー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ

婚活バー珍百景…その9



4男「もちろんですよ、
早川さんだから教えたんです。」



早川「はぁ…。どうも。」






「後ほどクリーニングの請求するから、
震えて待て」




普段であればこれくらいの強気な置き土産をするところですが、
この時ばかりは、口臭男のウイスキーで力が出ない〜…と、面包超人状態だったのでした。
…面包超人とは、アンパンマンの中国語訳。
すげぇ強そう。







早川「あー…自分本体が酒クセェとか人として終わってるみたいで萎えます。
それじゃ。」



そう言って席を立ちました。






隣の性悪糞女は、早川のことを頭のてっぺんから足の爪先まで眺めていました。
早川をガン見していた3男とお前は仲良くなれるんじゃないかい?
ちゃんと連絡先交換したかい?
その位の凝視。



そんな下世話なことを思ったのと同時に、
うん…なんか…
本当に顔面もスタイルも良すぎて…
ごめんね…

と苦笑いしてしまいました。
こういう笑みが「美人は性格が悪い」となってしまうんでしょうなぁ…。






お客さんに対して少ない人数で対応しているスタッフはかなり忙しそうにしていて、
「あきらかにトラブルを抱えています。」
いった風貌で佇む手負いの早川との接触を避けようとしている感じがしました。



こちらとしては早く帰宅したいので、
「すみません!!
ウイスキーぶっかけられたんで帰ります!!!」
と、少なくとも向こう三卓位に響き渡る声で宣誓しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ

婚活バー珍百景…その8



思わず「ぴょえっ」と声が出ました。






4男が手滑らせて
ロックグラスひっくり返した。
しかも、早川側に…



4男「ご、ごめんなさいっ!!!」



水も滴るいい女ってか、
ウイスキーなんだな、これが。
ウイスキーが嫌というよりも、
口の臭い男が口つけてたウイスキーが嫌です。



膝の上に乗せていたファー素材のバッグ、
ニットワンピースのスカート部分、
厚手のタイツ…。
よりによってなんでこんなに洗濯が面倒クセェのにぶっかけんだ。






それよりも、
隣のテーブルに座ってた女。
これ見よがしに、
「うわぁ〜(笑)あ〜あ(笑)」
って言ったの聞こえたからな。



お前、早川が隣にいたことによって不快な思いをしたのは分かるけど、
そういうところも見られてるからな。
それ聞いた男全員からはもれなく
気の毒な美女と、性悪糞女
って図になってっからな。
なんつーか、昔話だったら帰りしな痛い目に合うパターンだからな、気をつけろ。






4男は気の毒なほど青ざめていました。
店員さんが飛んできてフキンを貸してくれました。
4男「本当…すみません…。」



早川「あー、大丈夫です。
でも早く洗濯したいのでもう帰ります。」



4男「クリーニング代出します、連絡ください。」
名刺を取り出し連絡先を書きました。






でけでん!!!出ました!!
Googleだってさ!!!


早川「…どうも。
しかし老婆心ながら、こんな大企業の人だってあんまり得体の知れない人に話さない方がいいですよ。」



自称ではありますが婚活初心者という彼には一応アドバイスをしてあげました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

婚活ランキングへ